匠都設計

愛媛県八幡浜市の建築設計事務所、匠都設計です。

コンテンツ
仕事内容
仕事のすすめかた
作品紹介
オープンハウス
ブログ
お問い合わせ
事業所概要
建築設計事務所リンク
トップページ


役割

トータルコーディネイト
細かい部分から全体まで、数多くの設計ポイントを「対話」を通して検討し、バランスよく設計していくこと・・・。
建物だけではなく、インテリア・外構まで含めた「住空間」を考えていくこと・・・。
さらに、資金・法規・施工業者選定をも含めた「トータルコーディネイト」が建築設計事務所の「役割」であり「仕事」です。


特徴

主な仕事は建物の設計です。建物といっても住宅から大規模なビル、公共の建物
等、皆さんのまわりに千差万別の建物が有りますが、一部の小規模のものを除き、
建物は建築士でなければ設計を行うことは出来ません。
建物の計画から完成までには様々な段階があり、各段階で以下のような業務を行います。


企画調査
・建物調査(既存建物の構造調査、立て替え・改修についてのアドバイス)
・土地測量、調査(敷地の調査、周辺調査)
・企画調査(立地による建物用途、規模検討、法的規制その他の調査)
・資金計画


建築設計
・基本設計(スケッチを重ねながら建物の基本形を形作っていきます。工事費概算を算出し予算内で実現可能かをチェックします。)
・実施設計(細かい打ち合わせを重ねながら、意匠図、構造図、構造計算、設備図等設計図書の作成をします)
・建築確認申請、その他諸官庁申請業務
・積算


工事監理
・施工業者選定(見積依頼、見積のチェック、業者選定についての助言、立ち会い)
・契約(請負契約の立ち会い)
・工事監理(工事期間中の各種検査、材料承認、試験立ち会い、打ち合わせ)
・工程管理(工期の遅れや施工工程の問題のチェック)
・竣工検査(完成引き渡しを前に検査)


引き渡し
・建物引き渡しの立ち会い
・完成図他完成図書の引き渡し
・維持保全についてのアドバイス
・瑕疵検査(引き渡し後一年目の検査等)
建物の新築の時だけでなく、既存の建物の維持管理、メンテナンス、改修の場合にも、調査の上工事内容の検討をし、必要に応じて設計図書の作成、工事の監理を行います。


利点

お客様にとって、設計事務所を利用することには、どのような利点が考えられるのでしょうか。

建築で特徴的なのは、同じ「敷地条件」というものがないことです。
そして、同じ「家族」・「生活」もありません。
一つの敷地にはいくつもの計画案が考えられ、いくつもの構造、設備、素材があります。
そして10年後、「家族のかたち」はどう変わっているのでしょうか。
多くの選択肢の中からいったいなにが最適なのか、将来どのように変化していくのかなど、様々なことを考えながら設計をしていきます。このようなことから
設計」は「お客様」と「設計事務所」の共同作業ということがおわかりかと思いますが、この設計過程の密度こそが設計事務所の大きな特徴です。

設計事務所は、ある一つの工法しかできないとか、ある一つのメーカーしか使わない、などといった設計上の制約はありません。自由に設計し、条件にあう最も適した計画案を選択することができます。自由設計とは、施工と分離した設計事務所だからこそできることです。
設計」と、「施工」が分離していることにより次のような利点があります。

・その工事に最も適した施工会社を選ぶことができます。

・3社程度の施工会社の見積もりをとることにより「競争」が生じるため、コストダウンがはかれます。また、各社の見積もり内容を比較することにより、厳格なコストチェックができます。

・各工事・各工程において厳格な現場監理ができます